プロフィール

recom

Author:recom
1992年に設立、中南米の支援と情報発信を続けています。主な活動は会報誌「そんりさ」の発行や、グァテマラ基金によるグァテマラ共和国の女性団体支援などです。詳しくはHPをご覧ください。

最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ大陸の先住民族会議 -東京報告会-

アメリカ大陸の先住民族会議 -東京報告会-
「1500人が集った会議で先住民族が世界に向けて訴えたこと」


日時 :4月21日(土) 午後2時~4時半(開場1時半)

報告者:小林致広
     (メキシコ先住民運動連帯関西グループ、神戸市外国語大学教員)
     石川智子(グアテマラ在住)

参加費: 800円(資料代)

会場 :大阪経済法科大学東京麻布台 セミナーハウス 4階 中研修室
地下鉄日比谷線神谷町下車(一番出口) 徒歩3分
都営三田線御成門駅下車        徒歩10分

<東京報告会連絡先>
先住民族の10年市民連絡会事務局
TEL&FAX:03-5932-9515
E-mail :indy10-Lj@infoseek.jp

IMADRグァテマラプロジェクト
TEL:03-3586-7447 
Fax:03-3586-7462
E-mail:miekof@hotmail.com (藤岡)

<共催団体>
開発と権利のための行動センター
市民外交センター
先住民族の権利ネットワーク
先住民族の10年市民連絡会
ナマケモノ倶楽部
日本ラテンアメリカ協力ネットワーク
反差別国際運動(IMADR)グァテマラプロジェクト

「第3回先住民族大陸会議」について
 2007年3月26日から30日にかけて、カナダからチリまで、アメリカ大陸の先住民族リーダーが一同に集い、先住民族運動の方向性を議論するための会議が中米グアテマラで開催されました。
 この会議には約1500名の先住民族リーダーが参加し、権利回復のために、どのように先住民族組織の連携を強化するか、政治参加のスペースを開いていくか、 熱い議論が繰り広げられました。
 先住民族運動はどこに向かうのか、ボリビアの先住民族出身のエボ・モラーレス大統領に続く動きはどう広がっていくのか。この会議に参加された2名の方を招き、ホットな報告をお聞きします。
 是非ご参加ください!

FC2カウンター
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。