プロフィール

recom

Author:recom
1992年に設立、中南米の支援と情報発信を続けています。主な活動は会報誌「そんりさ」の発行や、グァテマラ基金によるグァテマラ共和国の女性団体支援などです。詳しくはHPをご覧ください。

最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルテ・マヤ・カレンダー 2013 販売中

2012-11-13 15:43  カテゴリ: レコム 
今年も残り少なくなってきました。

レコムでは、今年も来年版のマヤ・カレンダーを販売中です。今まではアメリカのNGOが作成していたのを分けてもらっていましたが、そちらの製造が中止になったため、今年は担当者にお願いして絵の利用ができるようにコーディネートしてもらい、レコム独自で作成しました。日本製になりましたので、今までのスペイン語、英語に加え、日本語の三カ国語表記になり、日本の祝日も反映しましたので、日本の皆様にはより使いやすくなりました。

IMG_0271.jpg
(↑クリックしますと少し大きくなります)

価格は例年通り一部2,000円で、別途送料と振込手数料(郵便振替)が必要になります。10部以上まとめてご注文の場合は割引なども設定しておりますので、事務局までお問い合わせください。

売り上げの全額(経費実費を除く)をグアテマラ基金としてグアテマラの支援活動に使わせていただきます。なお、現在レコム主催で開催中のスピーキング・ツアーの各会場でも販売しておりますので、ぜひ講演会に足をお運びいただき、会場でお求めください。

ご注文は以下まで、お名前、ご住所、お電話番号、必要部数をお知らせください。

レコム事務局
メール:recom@jca.apc.org
FAX:075-862-2556

沈黙を破って-グアテマラ戦時下性暴力スピーキングツアー2012-

2012-10-15 10:17  カテゴリ: レコム 
中米・グアテマラで1996年まで36年間続いた内戦下、マヤ先住民族弾圧の中で性暴力を受けた女性たちがいま、加害責任の追及に立ち上がっています。今なお続く差別の中、さまざまな困難に立ち向かいながら自らの尊厳回復を求める彼女たち。その活動を支える現地NGOのメンバー、アナ・アリシア・ラミレス・ポップさん(36歳)が11月に来日し、各地で講演します。旧日本軍による「慰安婦問題」に声を上げてきたアジアの被害女性の姿に勇気を得て、沈黙を破ったグアテマラ女性たちの声をお聴き下さい。(詳しいチラシをレコムHPより見ることができます)

■11月11日(日) 千駄木、旧安田邸(東京)14:00~
 アジア女性資料センター(03-3780-5245)
■11月12日(月) かながわ県民活動サポートセンター(横浜)13:30~
 WE21ジャパン(045-440-0421)
■11月14日(水) 同志社大学今出川キャンバス(京都)18:30~
 グローバル・スタディーズ研究科事務室(075-251-3930)
■11月15日(木) 東山いきいき市民活動センター(京都)18:30~
 佐々木(090-3872-0171)
■11月17日(土) まちづくり市民交流プラザ(広島)19:00~
 猪原(082-294-2953)
■11月18日(日) カフェ・テアトロ アビエルト(広島)17:00~
 猪原(082-294-2953)
■11月20日(火) 北海学園大学(札幌)16:00~
 平野(011-841-1161[内線2265])
■11月21日(水) 札幌市民ホール(札幌)18:30~
 越田(090-7519-1731)
■11月23日(金) ふくふくプラザ502号室(福岡)18:30~
 足立(080-5259-1558)
■11月25日(日) 久留米市男女平等推進センター(久留米)13:00~ 
 浅野(090-8666-8857)

※各会場で資料代・参加費をいただくことがあります。時間割の変更もありえますので、詳細は各連絡先にお問い合わせください。

=主催団体=
日本ラテンアメリカ協力ネットワーク
アジア女性資料センター
世界先住民族ネットワークAINU
WE21ジャパン
ニカラグアの風
久留米地球市民ボランティアの会
カフェ・テアトロ アビエルト
ほっかいどうピーストレード
中南米と交流する京都の会
同志社大学グローバル・スタディーズ研究科
日本軍「慰安婦」問題解決・ひろしまネットワーク
アリシア・ラミレスさん福岡講演会実行委員会
グアテマラ戦時下性暴力スピーキングツアー2012札幌実行委員会

=賛同団体= (11月6日現在)
日本カトリック正義と平和協議会
反差別国際運動(IMADR)
ジュマ・ネット
先住民族の10年市民連絡会
旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画・京都実行委
開発と権利のための行動センター
あづみの道草あかとんぼの会
つばめクラブ
論楽社
グアテマラ生産者支援ネットワークみるぱ
市民外交センター
アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)
「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター(VAWW-RAC)
女性国際戦犯法廷ハーグ判決を実現する会(ハーグの会)
札幌地区カトリック正義と平和委員会
「女性・戦争・人権」学会
チ カラ ニサッタ~われらつくる明日~
ピース・タックス
弁護士法人 北海道ひびき法律事務所
ほっかいどうピースネット
日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす北海道の会

コロンビアの難民家族についてのお話会

会報誌「そんりさ」にも度々寄稿していただいている写真家、柴田大輔さんのお話会があります。ぜひ足をお運び下さい。

催し:戦争と平和をめぐる子どもの本展
場所:代々木オリンピックセンター
   センター棟103号

<柴田さんのお話>
日時:7月14日(土)12:30~13:30

催しの詳細は以下からどうぞ。
http://love.ap.teacup.com/kodomono/html/img.pdf

【青い空の会】展示会のお知らせ

2012-06-12 10:23  カテゴリ: レコム 
グアテマラのソロラで子どもたちの就学支援や自立支援ボランティアをおこなっている「青い空の会」が、活動報告や民芸品の販売などを行います。

日時:6月15日(金)13:00~17:00
     16日(土)10:00~17:00
     17日(日)10:00~16:00
場所:かやの木会館(東京都台東区蔵前3-22-9)

内容の詳細は青い空の会のブログへどうぞ。

庭野平和財団 京都シンポジウム2012

1. 日 時:2012年5月12日(土) 午後1時~4時
2. 会 場:「ひと・まち交流館京都」
    京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1
    ℡:075-354-8711
3. テーマ:『平和構築における先住民の智慧と女性の働き』(仮)
4. 内 容:第29回庭野平和賞受賞者、
  ロサリーナ・トゥユク・ベラスケス氏
  の基調講演ならびに宗教者、識者によるパネルディスカッション
5. 主 催:公益財団法人 庭野平和財団
6. 協賛ならびに協力
(1)協 賛:
    財団法人 世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会(予定)
    近畿宗教連盟/ 京都府宗教連盟
(2)協 力:立正佼成会
7. シンポジウム
(1)基調発題:第29回庭野平和賞受賞者
        ロサリーナ・トゥユク・ベラスケス氏  
(2)パネル・ディスカッション
  コーディネーター 山本俊正 氏(関西学院大学教授)
  パネリスト 古谷桂信 氏(フォト・ジャーナリスト)
        伊藤照子 氏(シスター、メリノール宣教会)
尚、詳細に関しましては、ホームページhttp://www.npf.or.jp/を参照ください。

●お問い合わせ  公益財団法人 庭野平和財団 担当:高谷
         TEL 03-3226-4371/FAX 03-3226-1835
         E-Mail: t.takatani@npf.or.jp
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。